2011年02月13日

狂喜乱舞


のっぺらぼうか?

訳のわからん踊りを必死で踊る。

  

Posted by まんじゅう at 15:51Comments(0)四方山話

2011年02月12日

朝が苦手である。
でも頑張って起きています。

どうして夜は目が覚めて、朝は目が覚めないのでしょう?誰か教えて下さい。
私がグータラなのか?

朝の○ームイン、
○はよう朝日などは、朝から絶好調ではないか!
思い起こせば小学生の頃から朝の番組にはどうしても馴染めない…
CMの度に「しちじ10ぷん」などと連呼する。
やめてくれっ、時間くらい自分で見ます。

こんなに朝から爽やかなのが合うのは佑ちゃんくらいだろうなぁ。
  

Posted by まんじゅう at 20:02Comments(0)四方山話

2011年02月08日

夢6 完


走る走る〜

見えた−(ギター持ってる人発見)
私「きゃあ〜角松〜」と雄叫びをあげる。

そのギタリストがゆっくり振り返りました。

顔が全然違う。誰だ?



かまやつひろしだっ
(ゲタを鳴らして奴が来る〜)
かっまっやつひろし〜?

かどまつとしき
かまやつひろし






……ばんざ〜い(号泣)
ひ〜ん(T_T)うそだ−。(嘘なんだけど)
もう自分が見た夢だから仕方ないけど、その場で崩れ落ちました。
絶対夢を見ている確信を持ってる私にとって、まるでマトリックスの世界のようです。

ムッシュかまやつに
かどまつさんはどこにいますか?とまだ食い下がる。

「角松クンならその先の小屋にいるよ」

私は礼を言って走った。
小屋が見えてきた。
勢い良くバンッ!と開けると いた−っ!

…沢山の女の人に囲まれている角松。入り込める余地なし

ってところで目が覚めました。




  

Posted by まんじゅう at 10:37Comments(117)四方山話

2011年02月07日

夢5


はやる気持ち。
とにかく急いで教室をでる。

角松はどこいった?!
左右を見てもいないっ!
いないよ〜(号泣)
うぇ〜ん
いいやっ!目が覚めない限り可能なはず!会えるはず!何とかしろっワタシ。
とにかく走ろう。夢だから何かあるはず。

すると、敷地内を竹ほうきで掃除しているおじさんが現れた。
やった。

私「すみません!はぁはぁ角松さんはぁはぁ見かけませんでしたか?」

おじさん「あぁギター持った人?あっちに歩いて行ったよ」

ヤッターO(≧∇≦)o
ダッシュで走る

つづく…
  

Posted by まんじゅう at 18:04Comments(0)四方山話

2011年02月07日

夢4


私は、必死で考えていた。どうしたら良いのかを。だってさ〜この夢を見ているのも見させているのも自分だ。きっとシナリオが書ける何かがあるに違いない!(普通の夢ならここまで考えない。ワタシエライ)

テストが配られる。
鉛筆で名前を書く。
リアルだな。
とにかく、夢の中の自分を演じて何とかもう一度角松に会って何が何でも展開させる!という結論になった。

テストと格闘。
答を無茶苦茶に書き(だって夢だから何でもいいんだ)

私「先生!出来ました。出来たので退室してもいいですか?」

ナイス!私。

担任時計を見ながら「はやいな〜よし良いだろう」

やった〜
ここから出れる。


つづく…
  

Posted by まんじゅう at 11:23Comments(0)四方山話

2011年02月07日

夢3


角松が目の前で歌っている。夢のようだ〜(絶対夢)

ジャンジャカ♪とギターを弾いて数曲歌う。

あっ終わった。


角松「皆テスト頑張ってくれ。健闘を祈るっ!」

クラスメイト拍手喝采の中、教室を出ていく。

行かないで〜
(演歌歌手のようです)

担任、ポンポンと手を叩き「さぁ、おまえらテストだ。今から配るぞ!」

うっそ〜



つづく…

  

Posted by まんじゅう at 10:38Comments(0)四方山話

2011年02月07日

夢2


これは、絶対に夢だと夢の中で気づいた私。

いいや、夢でもいい!本当にくるのか?セーラー服姿の私。鼓動が速くなる。

担任「じゃあ角松クンどうぞ」
がらがら〜(引き戸を開ける音)




きゃ〜♪本当に出たっ!

角松「皆、おはよう!角松敏生です。今日は、テストだね。まず1曲目聴いて下さい」

(゜▽゜)
この脈絡のない展開。夢だよな〜と思っているとアコーステイックギターで歌いだした。

あぁ私は最前列に座って超ラッキー。
手を伸ばせば届きそう…
歌が終わる迄かしこく聴くことにした。
だって夢が終わるのが嫌だったのだ。



つづく…
  

Posted by まんじゅう at 06:11Comments(0)四方山話

2011年02月06日

夢1


昔すごい夢を見ました。それを書いてみようと思う。

私は、昔からの角松敏生ファンである。かれこれ20年以上。
心の恋人ですo(^-^)o

ある日
(ここから夢が始まる)私は、中学生になっていた。教室の1番前の席でした。担任らしき人が、
「皆、今日はテストだ」
クラスメイト
「え〜っ!」
私は、もちろん勉強等していない。
どうしよう〜と焦る。

この辺は、まだ夢だと思っていない。参加している。

担任「今日は、君達を激励しに角松敏生君が歌いに来てくれた。」

私「え〜〜〜〜〜〜!」

絶対に夢だとこの時点で夢の中で気づく。


つづく…
  

Posted by まんじゅう at 17:52Comments(0)四方山話

2011年02月06日

パン



今日は岩出の知人宅に、パンを差し入れしました。

ここのパン屋さん美味しいです
o(^-^)o
  

Posted by まんじゅう at 16:37Comments(0)四方山話

2011年02月05日

丸亀

今日は、仕事で宝塚迄行った帰りに初めて尼崎の丸亀製麺に行きました。

店内はスゴク賑わっている。

かけうどん280円に色々なトッピング出来るのである。

ちくわとイカの天ぷらをつけました。

安くて美味しいです。

きっと子供にはうける事間違いない!

  

Posted by まんじゅう at 15:07Comments(1)四方山話

2011年02月03日


先日、ETVの番組で
ハイチの日本人マザーテレサ
とベトナム、アメリカの枯葉剤の傷痕を放送していました。

涙が止まらなかった。
同じ地球で同じ時間を共有しているのに悲惨な状況です。対岸の火事と思ってはいけないのだ。
小さな子供の姿は胸に刺さります。

そんな中で
日本人のシスター須藤さんがハイチで結核の病院建設で奔走されていました。
80歳位のおばあちゃんでハイチで骨を埋める覚悟だそうです。

枯葉剤で生まれながら奇形であっても希望を見つけて生きている人はまだましである。何もかもあきらめて絶望の中で生きている人もいる。

人は、自分さえ良ければいい。世の中は、弱者に冷たいのかもしれない…

でも
温かい人もいるのだと思う。

結局、人は多面的なのだろう。
  

Posted by まんじゅう at 22:47Comments(0)四方山話

2011年01月31日

誕生日



今日は、友人のお誕生日(ホントは30日)をお祝いしました。

おめでとう(*^▽^)/


最近、思う事なのだが
10代の私
20代の私
30代の私
40代の私 
全部私なのだろうか??
実感がない…

それは、私が変わっていったからなのか?

何だか禅問答です。
  

Posted by まんじゅう at 23:23Comments(0)四方山話

2011年01月28日

ティミー


友人のわんこ

その名は

ティミー

女の子。

ティミーは、昔から知っているがなかなかなついてくれない!

なんでっ!?

犬語が話せたら
「ね〜ね〜なんで怒ってんのよ〜」
と彼氏と彼女のやりとりのようにつれない理由を聞けるのにな。
  

Posted by まんじゅう at 13:32Comments(16)四方山話

2011年01月27日

パン2


パンツではなくパン2である。

昨日、別の友人に
手作りのハチミツパンをもらいました。

パン日和です。

嬉しいな〜


  

Posted by まんじゅう at 12:37Comments(0)四方山話

2011年01月26日

ベリーちゃん


メロンパンをくれた友人のわんこ。

以前にも登場したベリーちゃん。

人形みたい。
ん?違うか

犬形?
いやいや
ぬいぐるみみたい。


  

Posted by まんじゅう at 18:26Comments(0)四方山話

2011年01月26日

メロンパン


昨日、友人に手作りのメロンパンをいただきました。

幸せo(^-^)o

上に乗っているクッキー生地がぶ厚い!


  

Posted by まんじゅう at 16:51Comments(0)四方山話

2011年01月25日

懺悔

画像なしです…

書こうかどうしようか悩んでいました。

昨年、寒い時に屋台で金魚を3匹ゲットしました。

ヘロヘロだったのですぐ死んじゃうかな〜と思いちょうど冬使っていない虫かごに水を入れて飼っていました。

さくら、さくらこ、黒ちゃんと5歳息子命名する。

年越しもして元気でした。

昨日の朝、水を替えようとしてちょっと水を流したらピョーン〜
ツルリと1匹排水溝の中に…

あっ あ〜あ〜

……

いつも栓をしているのに…

どの子が、消えたのかの確認も怖くてしていない。

ファインディング ニモ
の様に生きていてっ!!

…ごめんなさい。
  

Posted by まんじゅう at 11:37Comments(1)四方山話

2011年01月22日

風邪っぽい



風邪っぽい…

寝るに限る。

昔に比べて治りが悪くなってきたように思う。

最近、急性の副鼻腔炎になるか気管支炎までなってしまう…

初期のうちに何とかせねば!
  

Posted by まんじゅう at 23:54Comments(0)四方山話

2011年01月21日

静電気


最近、静電気が慣れっこになってきた。

車のドアを開ける度に
バチッ!
痛い
(ノ_・。)

毎回です。

この前、夜に乗車する時
バチッ!
暗闇に光がっ!

線香花火みたい〜

初めて見た…



  

Posted by まんじゅう at 22:30Comments(0)四方山話

2011年01月20日

サド公爵


画像なしです。
本の事を書いたついでに…

昔、本屋でふと目にとまった「サド公爵の生涯」
おぉ!これはサドマゾの由来になった人物ではないかっ!!

しかも著者は澁澤龍彦だっ!

読んでみた…あまりに凄すぎてよくわからんかった。理解に苦しむ…

サド公爵は、フランス革命や恐怖政治の頃、自分の世界を現実にやってみて事件になり捕まり投獄され、牢屋の中では、頭の中で妄想し、それを小説化したのである。膨大な数。

ものすごいエネルギーである。
結婚していたので奥さんはどんな心中だったのだろうと思う。

ちなみに
三島由紀夫著
「サド公爵夫人」があります。これは、戯曲でサド公爵が登場せずに女性6人が舞台を進めていきます。昔、坂東玉三郎が出演した時も話題になりました。
  

Posted by まんじゅう at 00:42Comments(0)四方山話